ワークショップ「フェルトと絞り染の技法でマフラーを作ろう!」
長野県松本市にあるエクセラン高校で、テキスタイルコースの渡邊先生と荒先生が
ワークショップ「フェルトと絞り染の技法でマフラーを作ろう!」を行ないました。

シルクオーガンジーの布の上に色とりどりの羊毛を重ね、中性洗剤を溶かしたお湯をかけ、
手で摩擦を加えていきます。繊維が絵具のように混ざり、深みのある色調が生まれ、布は羊毛とともに
縮み独特なテクスチャーとなっていきました。さらに、その布をクリップや輪ゴムでところどころ絞り、
自分たちの好みの色に染めていきました。
c0198292_191881.jpg

長時間に渡る作業であったにもかかわらず、生徒達は最後まで笑顔をたやさず、粘り強くやり遂げました。
エクセラン高校は美術に特化していることもあり、作品はどれもレベルが高く個性的で、とくに自由な色彩感覚と
素材感は目を見張るものがありました。
先生方も明るく元気な生徒たちに助けられ、あっという間の楽しい1日でした。
[PR]
by joshibi_craft | 2014-01-08 19:01 | テキスタイル
<< 大学院生 展覧会のお知らせ オブジェとうつわ展1 >>